SW を2日目でドロップアウトした人間が考える、SW の利点と限界

Startup Weekend Advent Calendar 2016 - Adventarの記事です。

# # # #

生存バイアスという現象があります。少なくない落伍者、脱落者の存在を無視して、生き残った一部のみを見て物事を判断してしまうことです。 Startup Weekend(以後「SW」) に参加して、このようなアドベントカレンダーに書いたり、オーガナイザーになったり、何回も参加したりする方は、SW のことをとても気に入っている方です。そのような方が多く広めますが、少なくない人が、一度参加しただけで、複数回参加することはありませんし、オーガナイザーをされる方も、大半ではありません。また結構な割合の方が、途中で脱落します。

自分は3回参加して、そのうち最後は、2日目の途中で参加を取りやめました。自分が、「SWが馴染めなかった人」の典型からは程遠いと思います(どちらかというと「ハマった」「気に入った」方です)が、カレンダーに何か書こうと考える中では、比較的「冷めた」かんじで書けるのでは、と思い、一筆書かせていただく所存でございます。

尚、不快になる方が極力少なくなるよう、「奥歯に物が挟まった」ような内容になるかと思います。 また、これはあくまで自分の見解です。SW の運営側の方からは、「こいつ分かってないなぁ」となる可能性が非常に高いです。その点ご配慮ください。

目次

  • 最初に結論:自分が考える SW が向く人、向かない人
    • 自分は、このような方が向いていると思われます
    • そして、このような方は、あまりオススメしません
  • 自分が考える SW の目的、工夫、犠牲にしているもの
    • SW の目的:スピード感
    • スピード感を出すための工夫は?
    • そのために「切り捨てられる」ものは?
    • 失敗は許されるのか?
    • しがらみがないということ
    • SW が「しがらみ」になるとき
    • SW の出会いはすばらしいか?
  • 自分が考える、SWの「身も蓋もない」利点と限界
    • お手軽ということに関して補足
    • 自分は、このような方が向いていると思われます
    • そして、このような方は、あまりオススメしません
  • おまけ

最初に結論:自分が考える SW が向く人、向かない人

SW は「起業の一連の流れを54時間で体験する」イベントで、いろんな「現実社会とはちょっと離れている」仕掛けや工夫があります。それらは当然効果はあるのですが、自ずと限界、副作用が存在します。どんな病気にも効く薬がないように、「効く人」「効かない人(かえって悪くなる人)」が出てくるのは当然だと思われます。

自分は、このような方が向いていると思われます

  • 会社が面白くない人
  • 起業ということに「なんとなく」興味がある人
  • 何をしたいのかよく分からないけど、手っ取り早く何かをしてみたい人
  • 人前で喋る経験をして見たい人
  • 体力のない人
  • 要は、0.0001 → 1 をしたいひと
  • おいしいご飯を食べるのが好きな人(SW Tokyo の場合。他は分かりません)

そして、このような方は、あまりオススメしません

  • 自分の力を試したい人
  • 「自分のXXで、YYな人を笑顔にしたい」というレベルで、目標の決まっている人
  • 「起業しないといけない」という義務感のある人
  • 家族を大切にしている人。趣味を大事にしている人
  • 職場や学校の友人と一緒に参加を考えている人
  • 体力に自信のない人
  • 要は、1 → 2 にしたい人
続きを読む

ずいぶん放置していたので、かんたんに何か書いてみる

デザインフェスタに行ってきたので、写真を貼るだけ。

f:id:Akano:20161127125507j:plainf:id:Akano:20161127130544j:plainf:id:Akano:20161127143647j:plainf:id:Akano:20161127161025j:plainf:id:Akano:20161127164936j:plainf:id:Akano:20161127174058j:plain

メルカリは世界を「取る」ために、積極的に「西成」を目指している、のかも

note.mu

kabumatome.doorblog.jp

この 2つのエントリを読んで思ったこと。

山田進太郎氏は世界を取るために、あえてメルカリを「西成化」するようにコミュニティ設計したのではないか

サービスを立ち上げたいと思うときと思う人(とりあえずIT限定)

Startup Weekend で、ファシリテーターがクロージングパーティの席で他の参加者に「自分のことか、自分の知り合いのことだと、尖ったサービスになる。IT×A×Bとか、広い需要を満たそうとすると、尖がらないふわっとしたサービスになる」と伝えられていた。

それはほんとにその通りだと思って、では、その「自分」や「知り合い」って、誰か、ということ。

ITを使ったアプリやシステムのスタートアップだと、それは往々にしてプログラマやマーケターで、つまりそれは間違いなくインテリだ。 これは、金持ちだとか、高学歴だとかとは、相関はあっても必ずしもそういうわけではなく、「ある程度の学習能力(抽象化能力、論理的思考能力)」のある人たち、「経験よりも知識を優先する」という意味で、一般的にはそういう人が優秀だ、と言われている。たとえば、田中角栄氏が、東大卒官僚真っ青の論理的思考能力を持っていたと言われていて、つまり角栄氏も「インテリ」である。

で、そんなインテリが、会社に入ったり勉強会に行ったりするとどうなるか、というと、大抵の場合、まわりはやっぱりインテリばっかりになり、その「自分の知っている人」は、やっぱりインテリになるのだ。 そもそも世界基準では、日本で生まれ育っている時点で、多くの人が「インテリ」、つまりは「少数派」なのだ。

(インテリとそうでないの境目なんてあってないようなもので、ある分野においては「インテリ」でも、そうでない分野では違ったりする。ただ言えることは、IT企業の経営者や開発者は、IT分野では間違いなく「インテリ」である)

メルカリのサービス

メルカリで思ったこと。

メルカリはインテリをはなから対象外にしている。

インテリの長所は何か。

  • 危険を予測して避けることができる

インテリの短所は何か。

  • 未知や欠損に恐怖を感じるようになる => コストがかかる

日本人はインテリばかりだから、「トレーサビリティ」とか、いろいろとある。まぁ日本で生活していて、スーパーとか見ているとそう思うし、現在サービスは「危険を避けるために」いろんな付加価値が付いてきている。

自分は日本から一度も外に出ていないので分からないけれども、世界で行われている商取引の多くは「スーパー、デパート」よりも「バザー」の方が多いのだろうと思う。そして、バザーでは、あったり前だけど、トレーサビリティとかやかましいことをやる必要はなく、会話と現金商売で成り立っている、だろう、ということ。

考えてみたら、世界で行われている取引では、「オークション(競争入札)」よりも「自分(買い手)とあなた(売り手)」で完結するマーケットの方が、ずっと多いはずなのだ。

世界戦略の素地

山田氏も、当然、インテリである。早稲田を出て、複数の会社を成功させている。

山田氏は、メルカリ(コウゾウ)を立ち上げる前に世界一周をされていて、特にインドの「ぼったくり」について尺を割かれていたけれども、ここで「世界で何が行われているのか」ということを肌感覚で掴まれたのではないか、と推測する。

そこで、山田氏という「優秀なインテリ(抽象化能力の持ち主)」が、「世界の多くの人が使える」アプリを、と考えて、それをポリシーとして作ったのではないか。 だとしたら、メルカリの軸足がブレることは、まずないかと思う。

当たり前のことだけど、それを「スタートアップで」「信念を持って」やるまでの「肌感覚」レベルで持つことは、なかなか難しいし、そうするとパクるのも困難を極めるのだ。

自分の仮説がもし正しいのだとしたら

山田氏は、メルカリの社員の皆様は、メルカリを使っていてどうなのかな。

Startup Weekend Tokyo に 2回参加した理由と、その結果

Startup Weekend という、企業体験イベントがあって、自分は、過去2回、参加しました。直近は先週です。

swtokyo.doorkeeper.jp

swtokyo.doorkeeper.jp

ある程度考えがまとまったので、blog に書いてみます。 どのようなイベントかどうかは「ググってください」でまとめて、自分は、「失敗」というキーワードでまとめてみようと思います。

前回(2015/10/02~4)と、それが終わってから

前回のエンターテインメントは、「社員としてではなくスタートアップのCTOとしての動きを体験したい」というのが主な目的で、折角なのでイベントを楽しむため「エンタメにそれなりに触れていて感じていた解決したいこと」をピッチしてすることにした。

起業とかはあまり考えておらず(こんなことを言うのは何だが、世界中の人々全員が Startup をすべきとは自分は思えないのだ)、とはいえピッチを考えてやってみると結構それは大切なものになって、結局ダメになったことは結構さみしかったりしたのだけど、自分が票を入れたピッチが残ったので、そのチームに入り、3日間、頑張ったのだった。

で、結果としては、2位以内に入れず、かといって、最下位でもなくある程度の達成感はある、という状態で、そのプランを実際に立ち上げようという話もなく、日常に帰るという終わりを迎えたわけで。

んで、順位発表の直後からかなーり消化不良感があり、それを一言で言うと、

「あれ、自分、失敗らしい失敗をしてないぞ?」

勿論、大成功もしていないのだ。

何にならなかったというわけではない。結構得るものはあった。チームのメンバーも尊敬できる方々だった。とはいえ、自分はここでは「モブ」で終わったな、多分、自分が見えた風景よりも面白い風景を見ている方がいっぱいいるのだろうな、という思いが残っていた。

クロージングのパーティで、自分が思う「最も濃い経験をされた方」に声をかけて、後ほどお会いしたりとかして、そこでいろいろ考えることはあったのだけど、少なくとも、あのイベントを経過したからといって「よし起業するぞ」という思いはなく、かといって何かやりたいことがないわけではなく、Rails エンジニアとしてのほほんとやっていたらそこそこリッチな生活ができるこの平和から飛び出すには何か一押しが足らず、例の「濃い方」に、その状態を以って、「あかのさんはつまり勇気がないのね」と評価されたりした。

違うんだよなぁ、と思い、実際そのときには反論したわけで、とはいえ、「勇気がないとしたらそれは何故かな」と思っていたところ「需要があるのかどうか分からない」ということで、それを測りたいという思いが出てきて、そうすると、都合よくノージャンルの Startup Weekend Tokyo が開催されるらしい、とのことだった。

参加にあたって

とはいえ、相当迷ったわけで。 イベントが終わった次の一週間の体のきつさ、達成感が空振ったときの空虚な感じが気持ち悪く、その「怖さ」を知っていて、参加ボタンを押すのをかなり躊躇してしまった。 それに、開催される週に仕事で作っているサービスのリリースが予定されていて、体力も、精神力も、結構ガリガリ削った状態になりそうだ、ということを気にしていた。

リリースはバッドタイミングなことにイベント前日木曜日までずれて、体力的にかなりいっぱいいっぱいな状態になりながら九段下の会場に向かった。

前回の Enterteinment でやったことを、それなりにマイルドにしたものをピッチして、結果としてギリギリで通過したのだけど、申し訳ない。そのときに最初に感じたことはこれ。

通ってしまった。

ピッチに通らなかったら、そのまま帰って寝るつもりだった。かなりいっぱいいっぱいだった。

3日間の過ごし方

省略。ていうか、それぞれなので、あまり参考にならないかと。

というより前回で、「このチームが一番優勝に近い」とかオーガナイザーとかにいろいろと言われて、とはいっても最後の情熱のためなのか賞はとれなかったわけで、あんまり参考にならないかと。

自分が決めていたことはただ一つ。

街角インタビューの練習をやろう

起業するかどうかは置いておいて、今後の社会人生活で役に立つ経験を一つはやってみたいと思っていたわけだ。

で、それはある種の「極意」を身につけることが出来て、今後自分のサービスなり会社のサービスなりを行うときは役に立ちそうだったのだけど、いかんせん、物事には良いことも悪いこともあるわけで、

3日目午後に体力が完全に尽きてしまった

体力が尽きたことでプレゼンを詰めることができず、というよりインタビューに拘ったことで、広すぎるテーマをピボットして絞る(尖らせる)チャンスをみすみす逃してしまった。

発表

残念ならが賞は取れなかったわけで。 まぁ、先に述べたように欠点があったので、しょうがない側面はあるのだけど、賞を取ったチームも、ケチを付けようと思えば十分につけることができる内容だった。実際に、参加者投票で一位だったチームは、3位内に入ってなかった。

これについては別におかしなことではなく、

iyashitour.com

ということだ。

リンク先とは全然違う解釈をするのだけど、「不思議な勝ちあり」とは、 何かをしようというときに、完全な準備ができることなど、まずあり得ない。いろんな不安や不出来を抱えながら、挑戦してみると、あっさりうまくいくこともあるよ、ということかもしれないな、と考えてみた。

案外、トヨタカイゼンを考えた人の中にその言葉を知っている人がいて、それが回り回ってリーンの思想に影響を与えているのかもしれない。

パーティ

他の人の blog を見た所、「優勝する最大のメリット」は、「パーティで話しかけてもらえること」と書いてあった。まぁ自分は優勝したことないので(僻み)、それはよく分からないのだけど、パーティ中にジャッジの方から「このプランは絶対に成功させるべきです」と言われたり、また、他の参加者の中から「あのプランは絶対成功させてください。使います」と言われて、

ゲームとしての勝利を取って、看板を得て起業することができなかったこと

を、とてつもない失敗、って考えて、2日くらい結構凹んでいたりしたのだけど、まぁ、それは全然挽回できることだよね、とまた思ったり。

んで、ゲームとしての勝ちを取る(=投資を得る)ためのシミュレーションをしてみたら結構ぬるかった点が、体力面以外でも結構あって、その失敗を事前にできたことが、一番の収穫だったのでしょう。

で、この一週間

自分が定期的に会っているカウンセラーにこの話をすると、「起業はやめておきなさい」と勧められた。「あなたはそれを心からやりたいわけではなくて、他の人がやってほしいからやるわけで、だとしたら追い詰められた時のあなたの体調が心配です」とのこと。

それはそれでとても至極納得な話であり、またしばらく考え続けることになるのでしょう。

まとめ

  • 勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。不完全でもやってみよう。
  • 何かを「測る」という目的でも、Startup Weekend は、使えます。

パーティで言われたのだけど、「行動することには、何か意味があるのだ」

見て面白かったアーティスト - 若杉真魅 さん -

12月6日、Artcomplex Center of Tokyo を、特に目的もなく行ってきましたが、面白かったです。

ACT には特に目的もなくフラっと、というか、渋谷に用事があったのでそのついでだったのですが、面白い作品が見れました。

若杉真魅 さん

mamiwakasugi.wix.com

f:id:Akano:20151206140207j:plain

写真に撮らせて頂きましたが、彼女が直近で描いた大きな作品が見れて、とても迫力のある展示でした。

どうだったか

迫力があるというのは、物理的に大きいだけではなく、情報量が多いということも不可欠だと思います。 デビュー(まぁ何を以ってそう言うのかは不明ですが)してからまだ間もなく、お若い方ですが、「こういうふうに世界を表現したい」ということがしっかりと込められていて、すっきりしました。

個人的には、ほかの作り手の方と組んだときにどのような展開を見せるのか、とても見てみたく思いました。

また、このような作品を見て、「この作者の人は何に影響を受けているのかな」と考えるのが、とても楽しいです。

Share! Share! Share! で気になった企業

SpageMarket様

spacemarket.com

会場レンタルを行っている会社です。 場所をお持ちの方と、それをお持ちの方とのマッチングを行うサービス。 どこまで貸していい(例えば、「厨房を使っていい」)とかは、貸主が決めて応募されるとのことです。

実際にあった事例として、古民家をお借りしたい方を募集したところ、そんなに欲しい方がいないだろうという予想をしていたにもかかわらず、コスプレイヤーの方にとても予約がされた、とのことでした。

気になった点は、以下2点。

時間は貸せないのか

こちらのビジネスモデルをお伺いして、思い出したのがこちらのエントリー。

d.hatena.ne.jp

東京の施設は「違う運営の人が」24時間運営すると、いいのではないか。

個人的に、博物館や美術館、ギャラリー巡りをよく行っております。現在、都心には自転車で移動できる距離に住んでいるので、交通の心配は特にないのですが、仕事が終わって(得てして遅くなりがち)からいくとなると、夜は使えず、どうしても土日が半日はつぶれてしまいます。これを、例えば19:30からの勉強会を行っている時間帯にいけると、かなりはかどります。

このような「運営の分担」を行っていればよいな、と思っていたのですが、こちらの展開はされておらず、あくまで「空き時間のマッチング」とのことでした。

聖地化、望まない方向の

「例のプール」という言葉が誕生して2,3年になりますが、お貸しした建物が、結果としてそのような「負の符号」がついてしまうのではないか、という懸念を覚えました。 こちらの制御に関しては、規模が大きくなってからだと思われます。

AsMAMA

asmama.jp

子育てシェアということで。

基本的には、「子供のあずかり」「塾の送り迎え」等の「組織化」でしょうか。

自分は家庭を持っていないのでどこまで想像できるか分かりませんが、子を持つ母親の選択肢を増やすということになるのかとは思いますが、いわゆる「貧困女児」、経済的にもですが、社会的に資産を持たない方の救済、既存の選択肢を取ることが難しい方の新たな選択肢ということではない、そこを解決するためのものではないのかな、と思いました。 ただ、人のつながりをより強固に、かつ穏やかにするサービスということで、一定の支持を集めてらっしゃるのだろう、と思いました。

貧困者を対象とする「ビジネス」となると、それはそれは難しいと思い、それは「シェアリングビジネス」という視点で考えた時も、ある程度「持っている人たちのシェア」ということにならざるを得ないのかな、と思った次第です。

Huber

Huber. Inc | 世界中の人を友だちに

「訪日外国人」のガイドの組織化です。

とてもうまいと思いました。なぜなら、「お金を払ってもガイドをして欲しい人(訪日外国人)」と、「タダでもガイドをしたい人(大学生)」という両方が、確実にいるからです。 自分が思い浮かんだのが、若き日の落合信彦がラジオ英会話で英語勉強して場当たりのツアーガイドで実践した、というエピソードでした。 で、それはとても勇気のあることだと思うので、そのハードルを下げる、という意味で(安全面でも)、このようなサービスは目の付け所がよろしいと思いました。 まだリリースされていないサービスとのことですが、そこがウェブサイトに反映されていると、もっと使いやすいのにな、と、そこがちょっと残念に思っております。

全体的に

欠点のないビジネスはないけど、それでも、需要はあるよね。

11月28日、Share! Share! Share! に行ってきました

新宿と中央線沿いの町をこよなく愛する自分としては、まさしくアウェイ以外の何物でもない COMMUNE246。そんな青山のおされスポットで行われた下記のイベントに顔を出してきました。

share.jp

ストリートアカデミーやTimeTicketのような、普段使っているサービスもありますし、そういやぁクラウドワークス使ったことなかったな、と思うこともあり、他にも知らないサービスもあり、行ってきました。

人が多くて寒かった

実はその前に畠山記念館に行ってきて、そこでお抹茶とか頂いたり、からたちを拝見したりしてきたのだけど、世田谷の自宅から白金台までいって、そこから表参道まで自転車で、となると、汗でTシャツが濡れて、あの寒さで野外だと、とても寒かったです。 そして、人が多くて、特にあまり興味のないステージだと、前の席に座るもの申し訳なくて、それで後ろの方にいくと、となると人がごった返して、とても混雑してました。

本日開催!話題のシェアサービス・シェアラーが一同に集まる新しい祭典『Share! Share! Share!』 | Facebook

全ての人が、このイベントのために足を運んだ、ということはないでしょうが、参加予定が800人を超えていることから、このシェアリングビジネスに関して、関心の高い人が多いのだな、という実感がありました。

講座

www.street-academy.com

mick park 様のスマホ無料での写真撮り方講座とあり、いや、どれだけスマホについて知らなかったのだろう、ちょっとの工夫、ということに価値に津居て改めて実感した次第です。 また、coconala のブースにて、500円にて占いを受けてきました。褒められました。

ストリートアカデミーは、実績とかみて受けるし、グループなのでセキュリティ的?なことも問題ないと思っていますけど、TimeTicket だったり、coconala だったり、特に若い女性が出品するとなると、よからぬ目的で応募する方とかいるのではないか、という疑問はあいからわず拭えないのだけど、100件以上販売して、いやな思いをしたことがない、という登壇者の方もいて、自分はいろんな形で、よくない経験を多く積んでいて悲観的になりすぎではないか、という思いもちょっと抱きました。

気になったこと

coconalaTimeTicket の微妙なニュアンスの違い。得意の売り方の違い。時間売りか、やったことを売るのか。 どちらにしろ、何らかの営業努力的なものは必要になるだろうと思っております。 どうやって、最初をとるか、それが大事。

他にも気になった会社がありまして、後で書きたいとおもっております。

spacemarket.com

asmama.jp

huber.co.jp