読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月28日、Share! Share! Share! に行ってきました

新宿と中央線沿いの町をこよなく愛する自分としては、まさしくアウェイ以外の何物でもない COMMUNE246。そんな青山のおされスポットで行われた下記のイベントに顔を出してきました。

share.jp

ストリートアカデミーやTimeTicketのような、普段使っているサービスもありますし、そういやぁクラウドワークス使ったことなかったな、と思うこともあり、他にも知らないサービスもあり、行ってきました。

人が多くて寒かった

実はその前に畠山記念館に行ってきて、そこでお抹茶とか頂いたり、からたちを拝見したりしてきたのだけど、世田谷の自宅から白金台までいって、そこから表参道まで自転車で、となると、汗でTシャツが濡れて、あの寒さで野外だと、とても寒かったです。 そして、人が多くて、特にあまり興味のないステージだと、前の席に座るもの申し訳なくて、それで後ろの方にいくと、となると人がごった返して、とても混雑してました。

本日開催!話題のシェアサービス・シェアラーが一同に集まる新しい祭典『Share! Share! Share!』 | Facebook

全ての人が、このイベントのために足を運んだ、ということはないでしょうが、参加予定が800人を超えていることから、このシェアリングビジネスに関して、関心の高い人が多いのだな、という実感がありました。

講座

www.street-academy.com

mick park 様のスマホ無料での写真撮り方講座とあり、いや、どれだけスマホについて知らなかったのだろう、ちょっとの工夫、ということに価値に津居て改めて実感した次第です。 また、coconala のブースにて、500円にて占いを受けてきました。褒められました。

ストリートアカデミーは、実績とかみて受けるし、グループなのでセキュリティ的?なことも問題ないと思っていますけど、TimeTicket だったり、coconala だったり、特に若い女性が出品するとなると、よからぬ目的で応募する方とかいるのではないか、という疑問はあいからわず拭えないのだけど、100件以上販売して、いやな思いをしたことがない、という登壇者の方もいて、自分はいろんな形で、よくない経験を多く積んでいて悲観的になりすぎではないか、という思いもちょっと抱きました。

気になったこと

coconalaTimeTicket の微妙なニュアンスの違い。得意の売り方の違い。時間売りか、やったことを売るのか。 どちらにしろ、何らかの営業努力的なものは必要になるだろうと思っております。 どうやって、最初をとるか、それが大事。

他にも気になった会社がありまして、後で書きたいとおもっております。

spacemarket.com

asmama.jp

huber.co.jp